×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Yhoundeh

Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS

 

イホウンデー

 

1932年  初言及作品:クラーク・アシュトン・スミス「魔道士エイボン/魔道士の挽歌」

 

1934年    言及文書:クラーク・アシュトン・スミス“Letter to R.H.Baelow Sept 10th

 

 

別スペル

Y’houndeh

 

別名

ホウンデー(Houndeh)

 

 

アザトース(Azathoth)の近くでフルートを吹くナイアルラトホテップ(Nyarlathotep)の妻でエルクの女神であり豊饒の女神でもあります。姿形については不明ですが、エルクに似た姿をしているのかも知れません。

 

エルクはヨーロッパでは箆鹿(大鹿とも云う)ですが、アメリカでは別種のアメリカエルク(ワピチの一種)と呼ばれる日本鹿に近い種を指すようです。イホウンデーがどちらのエルクの女神なのかは不明です。

スミスロバート・H・バーロウ(Robert H Barlow)に宛てた書簡の中で、イホウンデーの出自と、アザトースの吹奏者であるナイアルラトホテップと結婚した事を記しています。ここで重要なのはスミスナイアルラトホテップを混沌の神ではなく笛を吹く神としている事です。もしかしたら、イホウンデーが結婚した相手はナイアルラトホテップ自身ではなく、笛を吹く化身だったのかも知れません。

 

エルクの原存在(Archetype)である両性具有のジヒューメ(Zyhumeから生まれたとされています。しかし、エルクの原存在から生まれるのは様々なエルクの祖先の筈なのですが、何で女神が誕生したのでしょう?先祖返りなのでしょうか?

 

スミスStrange Storiesの1932年1月号に発表した「魔道士エイボン」(The Door to Saturn)では古代ハイパーボリア大陸で豊饒の女神としてツァトゥグァ信仰を駆逐し崇拝され、神官団は政治に口出しする迄になったもののツァトゥグァの信者であるエイボン(Eibon)を取り逃がしたばかりか、土星へ彼を追跡した神官のモルギ(Morghi)も帰還しなかった為、人々の信頼を失い信仰は廃れていったとなっています

実際には、土星行きは帰還不可能な旅であり、現地でモルギとエイボンは協力し合って旅を進める事となり、モルギイホウンデーの神官らしく女神の信仰を土星に広めようとしたものの失敗しています。

 

 

神名一覧に戻る

 

TOP PAGEに戻る

 

  

Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS