×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Gnoph-Keh

Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS

 

 

グノフ=ケー、ノフ=ケー

 

 

1934年    初言及作品:ヘイゼル・ヒールド/H・P・ラヴクラフト「博物館の恐怖」 

 

1945年    言及作品:H・P・ラヴクラフト/オーガスト・ダーレス「暗黒の儀式」

 

1975年    言及作品:リン・カーター「The Scroll of Morloch

                                                                                                                                                 

北方の亜人族であるグノフケー族(Gnophkehs)の神ですラヴクラフトヘイズル・ヒールド(Hazel Heald)の依頼で代筆しWeird Talesの1933年7月号に掲載された「博物館の恐怖」(The Horror in the Museumにおいて言及されていますが、後、オーガスト・ダーレス(Augast Derleth)が発表した「暗黒の儀式」(The Lurker at the Threshold)においてグノフ=ケーは同じ「博物館の恐怖」の主題であったラーン=テゴス(Rahn-Tegoth)の化身であるとされました。

リン・カーター(Lin Carter)Fantasticの1975年10月号に発表したThe Scroll of Morlocではこの設定を受けて、この神とグノフケー族を嫌悪する一ヴーアミ(Voorm)の口を借りて、グノフ=ケーの名前を出さず、ラーン=テゴスの化身たるグノフケー族が崇拝する下劣な神性とか、宇宙的嫌悪ラーン=テゴスの化身などと呼んでいます。

 

神名一覧に戻る

 

 

TOP PAGEに戻る

 

 Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS