×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Quachil Utaus

Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS

 

クアチル・ウタウス

 

1935年   登場作品:クラーク・アシュトン・スミス「The Treader of the Dust」

 

呼称

塵の上を歩むもの(The Treader of the Dust)

究極の退廃(The Ultimate Corruption)

 

 

 

クラーク・アシュトン・スミス(Clark Ashton Smith)がWeird Talesの1935年8月号に発表した短めの短編「The Treader of the Dust」に登場する存在です。この名は古代の魔術師達に依って付けられたものです。スミスクアチル・ウタウスツァトゥグァ(Tsathoggua)等、クトゥルー神話系の存在と繋げる事はしませんでしたが、代わりにゾティーク(Zothique)ものと繋がっています。本作の舞台としては現代なのですが、ゾティークものにも登場する「カルナマゴスの遺言」(The Testments of Carnamagos)に、この存在に関する記述があり、本作の導入部に使用されています。男性夢魔(Incubus)の血を受け継いだ怪物と云う事ですので、つまりインクブスの一種、もしくは変種の様です。普通のインクブスと違い、クアチル・ウタウスは相手に手で触れるだけです。そして触れられた相手は全て塵となってしまうので、全てが塵と化した後、その上を歩むのは、この存在しか居なくなる・・・と云うのがタイトルの由来です。

子供程の大きさで一見すると木乃伊の様な姿をしており、普段は時空の外の領域に居ます。 

本来この存在はクトゥルー神話の存在ではありませんでした。オーガスト・ダーレス(August Derleth)リン・カーター(Lin Carter)ですら、この存在をクトゥルー神話に取り込む事はありませんでした。おそらくゲームでクトゥルー神話に取り込まれたのではないかと想われます。

 

神名一覧に戻る

 

 

TOP PAGEに戻る

 

 Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS