×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Droom-Avista

 Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS

 

ドローム=アヴィスタ

 

1937年   登場作品:ヘンリー・カットナー「The Jest of  Droom-Avista

  

呼称

彼方に棲まうもの(Dweller Beyond)

暗く輝けしもの(Dark Shining One) 

冗談を行うもの(Jester)

 ヘンリー・カットナー(Henry Kuttner)Weird Talesの1937年8月号に発表したThe Jest of  Droom-Avistaに登場する存在です。と言っても声とその力だけしか現れず、どの様な姿であるのかは判りません。カットナーの創造したムーのベル=ヤルナク(Bel-Yarnak)を冗談で滅ぼした存在です。もともと地球の事をちっぽけな惑星呼ばわりするぐらいの存在で、あまり気にも留めていなかった様なのですが、妖術師にして最強の神官トラゾール(Thorazor)に呼ばれて眠りを覚まされました。呼びかけに応えたドローム=アヴィスタの冗談は、ベル=ヤルナクの全ての元素を鉄に換えてしまうもので、トラゾールも最後は鉄になってしまいました。しかし眠りを中断させられたドローム=アヴィスタは術をかけた後、結果を確認する事なく眠りに戻っており、この存在にとって人間や地球など、どうでも良い事なのでしょう。

神名一覧に戻る 

 

TOP PAGEに戻る

 

Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS