×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Zushakon

 Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS 

 

ズシャコン 

 

 

1939年   初登場作品:キース・ハモンド「恐怖の鐘」

1976年     言及作品:リン・カーター「Zoth-Ommog 

1981年    登場作品:リン・カーターThe Descent into the Abyss

 

別名 

ズ=チェ=クォン(Zonu-che-quon)  

ズルチェクォン(Zulchequon)

 

 

呼称 

 

暗き沈黙のもの(The Dark Silent One)

 

 

ヘンリー・カットナー(Henry Kuttner)Horror at San XavierStrange Storiesの1939年4月号に「恐怖の鐘」(Bells of Horror)と題しキース・ハモンド(Keith Hammond)名義で発表された作品に登場する存在です。地底に潜み外の世界から来たGreat Old Oneとは異なる世界に破滅をもたらす存在と云う事なのですが、何処がどう違うのか判りません。本作は、カットナーの創造した「イオドの書」(Book of Iod)が本人の作としては唯一登場する作品です。そして、この存在は「イオドの書」ズシャコンとあり、先住民族のムツネ(Mutsune)族がズ=チェ=クォンと呼んでいた存在とされています。世界に闇をもたらす存在で、音に依ってその力を奮います。ムツネ族の邪悪な鐘の音に依ってズシャコンの命令は人々に届き、命令を聞いた人々は自らの手で両眼を潰します・・・ラヴクラフトスミスならば、もう少し超自然的な事態を発生させた事と想いますが、カットナーにしては妙に生々しくスプラッターな展開です。 

 

後にリン・カーター(Lin Carter)ははズルチェクォンなる存在について言及していますが、これはズ=チェ=クォンの間違いでしょう。カーターズシャコンでもなくズ=チェ=クォンでもなく、ズルチェクォンとしています。そのズルチェクォンThe Descent into the Abyss」でハオン=ドル(Haon-Dor)と遭遇していますが、さっさと退いており、あまり大した存在には見えません。又、カーターツンス(Tsunth)と云うLesser Old Oneチャウグナール・ファウグン(Chaugnar Faugn)ガタノトーア(Ghatanothoa)とそれぞれ兼用の筆頭従者として設定しました。

 

 

 

神名一覧に戻る 

 

TOP PAGEに戻る

 

Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS