×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Levana

 Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS

 

レヴァナ 

 

1845年   登場作品:トマス・ド・クインシー「深き淵よりの嘆息」

 

トマス・ド・クインシー(Thomas De Quincy)の自伝的作品であり、「阿片常用者の告白」(Confessions of an English Opium-Eater)の続編的性格の「深き淵よりの嘆息」(Suspiria De Profundis)の第一部中、「レヴァナとわれらの悲しみの貴婦人たち」」(Levana and Our Lady of Sorrows)の章で、牛津(Oxford)在学時代のド・クインシーが夢の中で会話した女神です。古代ローマ誕生の女神ですが、ド・クインシーは子供達の守護女神の様に考えていた様です。その為、彼女は、又、子供達を失う親の悲しみの体現化である「われれの悲しみの貴婦人たち」(Our Ladies of the Sorrow)三姉妹神と話をしていたともされています。

話し相手である三姉妹神は、映画「サスペリア」の魔女のモデルとなった為か、クトゥルー神話にテーブルトークRPGで取り込まれましたが、レヴァナに関しては映画出演(?)していなかったせいか、無視されていました。

しかし、そうは云っても「レヴァナとわれらの悲しみの貴婦人たち」の章をクトゥルー神話に取り込んだのですから、この存在も無視出来ないでしょう。三姉妹神がナイアルラトホテップ(Nyarlathotep)の娘達とされているのなら彼女もナイアルラトホテップの娘か化身か・・・それとも夢の中で会っているのならばGreat Oneなのでしょうか・・・

 

神名一覧に戻る 

 

TOP PAGEに戻る

 

Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS