×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Cthugha

 Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS

 

クトゥグァ

 

1944年   初言及作品:オーガスト・ダーレス「アンドルー・フェランの手記」

          登場作品:オーガスト・ダーレス「闇に棲みつくもの」

1976年     言及作品:リン・カーター「Zoth-Ommog」

1978年     言及作品:エドワード・ポール・バーグランド「Sword of the Seven Suns」  

2002年     言及作品:朝松健「聖ジェームズ病院」 

 

 この存在は、オーガスト・ダーレス(August Derleth)がWeird Talesの1944年11月号に発表した「闇に棲みつくもの」(The Dweller in Darkness)に初めて登場しますが、同誌の同年3月号に発表された「アンドルー・フェランの手記」(The Trail of Cthulhu)にも名前だけは出ており、恐らく執筆順は逆だったものと想われます。その初登場は、あのナイアルラトホテップ(Nyarlathotep)の天敵と云う物凄い看板を背負っての出現で、召喚されるや配下の炎の生物(Fire-Vampires)を引き連れて降臨する様は圧巻なのですが、それだけと云ってしまえば、それだけです。 他に特徴らしいものはありません。姿形は前述の炎の生物達と同じです。炎の生物は、ドナルド・ワンドレイ(Donald Wandrei)の怪奇SF小説「Fire-Vampires」に登場する存在ですから、ダーレスワンドレイの創造物をコピーしただけと云えるでしょう。結局、想像力が乏しかったのか、クトゥルー神話でダーレスのオリジナリティが見られるのはElder Godの存在と神々を四大元素に分けると云う発想くらいでしょうか。なお、ダーレスは、炎の生物達がクトゥグァの子供達であるとしましたが、ワンドレイ炎の生物達は全てフサグァ(Fthaggua)の端末的存在でしたので、姿形だけ貰って設定は変えたのでしょう。そのフサグァリン・カーター(Lin Carter)がアンソロジー"Disciples of Cthulhu"に寄せた「Zoth-Ommog」で彼が創案した概念であるLesser Old Oneである炎の生物の長としてクトゥルー神話に取り込まれています。又、カーターは後にクトゥグァの息子のGreat Old Oneとして、白い炎のアフーム=ザー(Aphoom-Zhah)を創造しています。

 

神名一覧に戻る 

 

TOP PAGEに戻る

 

Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS