×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Yvala

Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS

 

イヴァラ 

 

 

1936年     登場作品:キャサリン・L・ムーア「イヴァラ/炎の美女」 

 

キャサリン・L・ムーア(Catherine L Moore)がWeird Talesの1936年2月号に発表したノースウェスト・スミス・シリーズ(NorthWest on Earth)の商業誌での第七作に当たる「イヴァラ」(Yvala)に登場する存在です。この作品は、後にクトゥルー神話のGreat Old Oneの一体として取り込まれる事になるファロール(Pharol)の名が登場している作品でもあります。

木星の月の一つに何処からか飛来し、そこにあった文明を崩壊させた張本人です。彼女を見るそれぞれの男性にとって理想の美女に見えるのですが、正体は生きた炎です。同時にギリシャ神話のキルケ伝説の元となった存在でもあります。人間の魂に似たもの・・・人間性を食します。その為、沢山の美女の幻影を男達の所へ放ち、又、声で男を魅了して呼び寄せ、自分を理想の美女と想わせておいて人間性を貪ります。人間性を喰われた者達は、人の姿をしていても、もはや獣性しか残っておらず、獣の如くに行動します。スミスも喰われかけますが、もっと他に沢山の獲物が居た為、後回しにされ、ヤロール(Yarol)は、金星人には人間性が殆ど無かった為、大して喰われず問題ありませんでした・・・金星人って、人間より獣に近かったんですね。美形なのに・・・

関連項目 

ノースウェスト・スミス

 

 

神名一覧に戻る

 

 

TOP PAGEに戻る

Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS