×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Julhi

Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS

 

ジュリ 

 

1935年     登場作品:キャサリン・L・ムーア「異次元の女王」

ノースウェスト・スミス・シリーズ(NorthWest on Earth)第五作「異次元の女王」(Julhi)に登場する存在です。

神話等に見られる一つ眼の種族の伝説の元となった異次元の単眼族の女王です。頭部にトサカのあるダイヤ型の顔にハート型の口を持ち、上半身は人間に似ているものの下半身はまるで異なり、全身が蛇の如くに柔らかい種族です。非ヒューマノイドで如何なる地球の生物とも異なりますが、それでいて美しく感じられる姿をしています。他の生物の経験に依る感覚を精神共有する形で喰らう生物です。他の生物の血も若干摂取しますが僅かな量で、それよりも血を摂取している状態での肉体結合に依り相手の感覚を摂取します。血を摂取されている間、獲物となっている生物は快感を得ており逃げる事は叶いません。又、声で獲物となっている生物にエクスタシーを与えて最大限の感覚を引き出します。血や感覚の摂取で獲物となっている生物が死ぬ事はありませんが、エクスタシーが強過ぎた場合、死ぬ事もあります。なお、本作にはヤロール(Yarol)は登場していません。 

 

ノースウェスト・スミスに戻る

Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS