×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Three who were One

Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS

 

三位一体の神

 

1936年     登場作品:キャサリン・L・ムーア「失われた楽園」

 

ノースウェスト・スミス・シリーズ(NorthWest on Earth)の商業誌での第八作に当たる「失われた楽園」(The Lost Paradise)に登場する存在です。古代の月に居たセレス(Seles)族の神で、三体居ますが、実は一つの存在が三つに分かれているだけです。醜いこぶのある餓鬼の様な姿と表現されています。

 

ノースウェスト・スミスに戻る

Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS