×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Nyogtha

 Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS

 

ニョグサ、ニョグタ

 

1937年   初登場作品:ヘンリー・カットナー「セイレムの恐怖/セイレムの怪異」

 

1976年    言及作品:リン・カーターZoth-Ommog

 

1973年    登場作品:ジョゼフ・ペイン・ブレナン「第七の呪文

 

1981年    言及作品:リン・カーターThe Descent into the Abyss

 

 

 

呼称 

闇に棲むもの(the Dweller in Darkness)   

旧支配者の同朋(brother of the Old Ones) 

ありうべからざるもの(the Thing that should not be)

 

弱点 

輪頭十字(looped cross) 

ティクゥオン霊液(Tikkoun Elixir)

ヴァク=ヴィラ呪文(Vack-Viraj Incantation)

 

ヘンリー・カットナー(Henry Kuttner)Weird Talesの1937年5月号に発表した「セイレムの恐怖」(The Salem Horror)に、オカルト探偵のマイケル・リー(Michael Leigh)ともども登場しました。虹色に煌めく黒いコロイド状の存在ですが、ネクロノミコン(Necronomicon)に、弱点迄、記載されている一寸珍しい存在です。又、この作品では結局、マイケル・リーの引き立て役にしかなっていません。

黒い不定形の姿ばかりでなく、人々が連想する悪魔の姿をとる事もあり、ジョゼフ・ペイン・ブレナン(Joseph Payne Brennan)「第七の呪文」(The Seventh Incantation)では、不定形ではなく一目で悪魔と判る姿をとって出現しています。なお、リン・カーター(Lin Carter)はアンソロジー“Desciples of Cthulhu”に寄せたZoth-Ommogグール(Ghoul)達がニョグタに仕えるLesser Old One達であるとし、ヨグ=ソトース(Yog-Sothoth)シュブ=ニグラス(Shub-Niggurath)の間に生まれた恐ろしき双子の片割れナグ(Nug)グールの祖であるとし、自身が編集したアンソロジー”Weird Tales #2”クラーク・アシュトン・スミス(Clark Ashton Smith)の名で発表したThe Descent into the Abyssではハオン=ドル(Haon-Dor)の前にニョグタに仕えるグールの長としてナグが姿を現しています。

 

関連項目

マイケル・リー(Michael Leigh) 

 

 

神名一覧に戻る 

 

TOP PAGEに戻る

 

Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS