×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Kib

 Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS

(Gods of Pegana)

 

キブ 

 

 

 

1905年   登場作品:ダンセイニ卿「ペガーナの神々」

                      "The Gods of Pegana"

                     "Of the Game of the Gods"

                     "The Sayings of Kib(Sender of Life in all the World)"

                     "Concering Sish(The Destroyer of Hours)"

                     "The Deeds of Mung(Lord of all Dreams between Pegana and the Rim"

                     "Of Dorozhand(Whose Eyes Rrgard the End)"

                     "Of the Calamity That Befel Yun-Ilara by the Sea and of the Building of the Tower of the Ending of Days"

                     "Of How the Gods Whelmed Sidith"                    

                     "Of How Imbaun Met Zodrak"

 

呼称

あらゆる世界の生命の送り手(Sender of Life in all the World)

 

生命体の創造神です。

マアナ=ユウド=スウシャイ(Mana-Yood-Sushai)が眠っている間に神々がゲームを行いますが、一度目のゲームの時にゲームに飽きてペガーナ(Pegana)で片手を挙げてキブ(Kib)の印を作り、キブが遊ぶ為の獣(地上を動き回るもの)で地上が覆われました。二度目のゲームの際に全ての中心で片手を挙げてキブの印を作り獣から人を作り、人が地上を覆ったと云われています。

ペガーナで人の様に口を利く事で最初に沈黙を破った神であり、その事で他の神々の怒りを買っている神でもあります。

シシュ(Sish)の前を歩く神です。

 

 

 

Gods of Peganaに戻る

 

MANA-YOOD-SUSHAIに戻る

 

神名一覧に戻る

 

TOP PAGEに戻る

 

 

Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS