×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Gods of Pegana

Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS

(Gods of Pegana)

 

ペガーナの神々

 

1905年   登場・言及作品:ダンセイニ卿「ペガーナの神々」

 

 

1906年   登場・言及作品:ダンセイニ卿「時と神々」 

 

 

 

ダンセイニ卿(Lord Dunsany)の処女作品集「ペガーナの神々」(Gods of Pegana)とその続編に当たる作品集「時と神々」(Time and the Gods)、後、別な作品集に収録された三部作(Beyond the Fields We Know)に登場する神々ですが、神々や精霊達は幾つかのグループに分けられます。その中でも中心的なのは、矢張り天上のペガーナに棲まうペガーナの神々で、彼等についてはその特徴が第一作品集「ペガーナの神々」で語られており、ここにダンセイニ卿が世界の諸相をどの様に捉えているかと云った世界観がはっきり判ります。

 

 

ペガーナの神々(Gods of Pegana )    

運命(Fate)と偶然(Chance)がゲームをし、どちらか勝者の希望に沿ってマアナ=ユウド=スウシャイが作った神々です。つまりは生きたゲームの駒です。

 

 

Mung

Sish

Kib

Roon

Slid

Skarl

Limpang-Tung

Yoharneth-Lahai

Dorozhand

Ranorada

Hoodrazai

Yum

Gothum

Sirami

Umborodom

Inzana

 

八百万の里神たち(Thousand Home Gods)

ペガーナではなく地上に居る万物の神々ですが、Home Godsと呼ばれているところから、村などで様々な役割を持っている神々と云ったところでしょうか。

竃の神々(home gods that sit beside the hearth) 

Pitsu

Hobith

Habaniah

Zumbiboo

Gribaun

Kilooloogung

Jabim

Triboogie

Hish

Wohoon

 

三大河神(three broad rivers of the plain)

Eimes

Zanes

Segastrion

 

Umbool

 

古き神々(gods of Old)

 

寓話的な作品で言及されている神々です。

 

 

"The Sorrow of Search"の神々

 

Lo

 

Mush

 

Kynash

 

Sheenath

 

Sho

 

Shilo

 

Mynarshitep

 

Gazo

 

Amurund

 

Slig

 

Yush

 

Rhoog

 

Skun

 

Asgool

 

Trodath

 

 

"The Journey of the King"の神々

 

Inyani

 

Shimono Kani

 

Tarn

 

 

ヨジ(Yozi)

 

縁の向こう、闇と未知の領域から現れる悪の精霊達。

 

Ya

 

Ha

 

Snyrg

 

 

その他の神々

 

Rham

 

Yarni Zai

 

god of the greenness

 

god of the whiteness

 

Yahn

 

Morning Zai

 

Sarnidac

 

Fate

 

Chance

 

Sheol Nugganoth

 

 

"Mlideen"の神々

 

Yoma

 

Zungari

 

Yazun

 

Yonu

 

Bazun

 

Nidish

 

Sundrao

 

 

 

神でも獣でもないもの(Thing That Is Neither God Nor Beast)

 

Trogool

 

 

 

MANA-YOOD-SUSHAIに戻る

 

神名一覧に戻る

 

TOP PAGEに戻る

 

 

Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS