×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Skarl

 Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS

(Gods of Pegana)

 

スカール  

 

 

1905年   登場作品:ダンセイニ卿「ペガーナの神々」 

                     "Of Skarl the Drummer"

          "Of the Making of the World"

         "Of the Thing in Neither God Nor Beast"

         "Of How Imbaun Became High Prophet in Aradec of All the Gods Save One"

         "The River"

 

自ら造った太鼓を叩き続けている神です。この神の太鼓の調べに誘われてマアナ=ユウド=スウシャイ(Mana-Yood-Sushai)は眠り、その間に神々は遊びで地球や生き物を創りました。スカアルが疲れて太鼓を叩くのをやめれば創造主が目覚め、世界も神々も片付けられ消されて無くなってしまうのだと云う事です。

 

Gods of Peganaに戻る  

MANA-YOOD-SUSHAIに戻る

 

神名一覧に戻る

 

TOP PAGEに戻る

 

 

Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS