×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

homegods( beside the hearth)

Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS

(Gods of Pegana)

 

竈の神々(Thousand Homegods that sit beside the hearth)

 

1905年   登場作品:ダンセイニ卿「ペガーナの神々」(The Gods of Pegana)

                    "Of Roon, God of Going(And the Thousand Home Gods)"

 

小さな神々であるペガーナの神々よりも卑小な感じがし、家々に住む精霊の様な感じですが、彼等は単数形で示されており、それぞれの神が、一人で幾多もの家々に関わっている様です。

 

 

ピツゥ Pitsu

猫を撫でている者。

 

ホビス Hobith

犬を宥めている者。

 

ハバニアー Habaniah

炉の残り火の王。

 

ズンビブー Zumbiboo

呼称

小さきズンビブー(little Zumbiboo)

ごみの王。

 

グリバウン Gribaun

呼称

古きグリバウン(old Gribaun)

火の中心に座り木を灰に換える者。

 

キルールーグング Kilooloogung

立ち上る煙の王。

 

ジャビム Jabim

壊れた物の王。

 

トリブーギー Triboogie

夕闇の王。

 

ヒシュ Hish

沈黙の王。

蝙蝠が子供達で、竈の灯りが消え闇が訪れると森から這い出て来ます。あらゆる音を滅殺し神ヨハルネス=ラハイと共に足音を起てずに家に入って来るそうです。

 

ウォフーン Wohoon

夜の騒音の王。

ヒシュが森から出ると目覚めるそうです。

 

 

 

Gods of Peganaに戻る   

MANA-YOOD-SUSHAIに戻る

 

神名一覧に戻る

 

TOP PAGEに戻る

 

 

Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS