×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Sarnidac

Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS

 

(Gods of Pegana)

 

 

サルニダク

 

1906年   登場作品:ダンセイニ卿「時と神々」(Time and the Gods)

                    “The Relenting of Sarnidac”

 

カマザン(Khamazan)で羊の番をする神と呼ばれ崇拝されています。

本当は神ではなく神々について来た羊番の少年でしたが、カマザンで人々の懇願に足を止め、その地で崇拝される事になりました。

 

Gods of Peganaに戻る   

MANA-YOOD-SUSHAIに戻る

 

神名一覧に戻る

 

TOP PAGEに戻る

 

 

Detailed Explanation (may be) of Gods of CTHULHU MYTHOS